AGA治療でうつ病になるの?

ストレスで体が悪くなっている男性AGAは薄毛や抜け毛を引き起こしますが、実はAGA治療を行うことでうつ病の発症リスクが高くなる可能性があるといわれています。
実は、AGAの改善に有効なプロペシアは、AGAの原因である男性ホルモンに直接作用するわけではなくテストステロンをDHTにしてしまう酵素である5-αリダクターゼを抑制することでAGAの進行を抑える薬です。
テストステロンそのものに作用するわけではないのですが、だからといってまったく影響を受けないということではなくプロペシアを服用している男性の中でうつ症状を実感している人は少なくありません。
なぜなら、テストステロンは高揚感や快楽を感じるホルモンでもあるため、そのホルモンに影響するということは精神や肉体にも少なからず影響を受けるというわけです。
その他にも勃起障害や男性機能の低下、性欲の減退などの症状も起こることがあるため、様々なことが起こることによって結果的にうつ症状を発生しやすい環境を作ってしまうのだといえます。
勃起障害や性欲減退などはバイアグラなどの勃起薬で改善することも可能ですが、うつ症状の場合は自分で判断して薬を服用していくのは危険性が高いといえます。
そのため、処方されたプロペシアで打つ症状を実感している人や、ネットなどの通販でプロペシアを購入してうつ状態になっている人は、自己判断で何とかしようとせずにきちんと専門外来などのクリニックに行くのが望ましいといえます。
ただ、プロペシアを服用したからといって必ずうつ状態になるわけではありませんので、まず薄毛の改善のためにプロペシアを服用してみて、もし精神的や肉体的に異変を感じた場合には医療機関で相談することをおすすめします。