AGAを進行させない生活習慣の改善

男に薄毛をもたらす原因として最近特に注目を集めているのがAGAという病気。
目下、医療機関でも様々な情報発信や治療法の開発が行われており、徐々に一般の人々にも知られる存在となってきました。
これは親から受け継いだ遺伝も原因の一つとなると言われていますが、主に男性ホルモンと頭皮の酵素が反応して頭髪の成長を阻害する物質を作り出すという症状です。
この治療のためには飲み薬や塗り薬を駆使した長期的な付き合い方が必要となりますが、これらの医学的なアプローチと並行して日常生活の中でも気をつけるべきことはいくつも存在します。
外で仕事のための電話をしているサラリーマン例えば仕事や人間関係におけるストレスはホルモンバランスを変容させて頭皮への皮脂分泌を悪化させてこれらが頭髪の成長を妨げることになります。
また睡眠不足やストレスや疲れの解消を妨げ、なおかつ頭髪は人間の睡眠中に大いに成長することからこれらの大切な時間を奪ってしまうことになります。
さらに食生活の上で脂っこいものばかりを食していると同じく頭皮への皮脂分泌が生じますし、アルコールやニコチンの過剰摂取は頭皮血行の悪化をもたらします。
頭皮の血行が悪くなると血液に乗せて頭髪の成長を促進させるための栄養分の補給が断たれてしまい、毛母細胞の細胞分裂が鈍化してしまいます。
これらがAGAと相まって深刻な薄毛へと発展していってしまうのです。
また、頭髪や頭皮を不衛生なままの状態でいると頭皮の毛穴に皮脂やゴミやフケなどが詰まり、これだけで頭髪の成長を著しく阻害することになります。
また毛穴詰まりは外気の酸素が入り込んでくるのを妨げるため、これによって細胞分裂にも鈍化の傾向が見られるようになります。
以上のような生活習慣をうまく改善し、AGA治療と連動させていくことによって症状は大いに変化し、失われた頭髪を再び取り戻すことが可能となるのです。