AGAではないハゲの原因

AGAは男性型脱毛症と呼ばれている薄毛で、遺伝子の影響を受ける事で、テストステロンの男性ホルモンと5α-還元酵素が結びついて強制脱毛ホルモンとも言われているDHTに変換され、DHTが毛周期を狂わすことで太く長く伸びるはずの髪の毛が途中で抜けてしまうと言ったメカニズムを持ちます。
髪型尚、AGAは20代から30代にかけての若い男性に多い薄毛で、早めに治療を受ける事で抜け毛を抑制させることが出来ます。
薄毛の症状が起きた時、自分の薄毛はAGAではないかと過信してしまう事はよくありません。
薄毛の症状と言うのは色々な原因で起きるもので、薄毛に症状を持つからと言ってAGAであると言う自己判断は症状を悪化させることにも繋がります。
因みに、薄毛の中でも円形脱毛症と言うのは、頭皮の一部分が丸い形に薄くなるもので、ストレスや食生活の乱れなどにより生じるケースが多いと言われています。
また、AGAの治療薬で有名なプロペシア強制脱毛ホルモンのDHTを抑制させる作用が在る医薬品で、他の薄毛に対しての作用はないため、安易に個人輸入代行を行っている通販サイトでプロペシアのジェネリック医薬品を利用しての治療は副作用などのリスクを持つとも言われています。
尚、薄毛の症状にはそれぞれ原因が在るわけですが、AGAの場合は遺伝子の影響、テストステロンと5α還元酵素が結びつくことが抜け毛を生じさせる原因と言われています。
しかし薄毛は必ずしもこのような原因だけではなく、食生活の乱れや生活習慣の乱れ、ストレスなどにより薄毛が生じてしまう事が在るため、薄毛の症状が起きた時には専門クリニックでの診察やカウンセリングを受ける事で発毛および育毛治療を可能にしてくれるのです。