男性型脱毛症診療ガイドラインとは?

グラフ男性型脱毛症診療ガイドラインとは、日本皮膚科学会が男性型脱毛症(AGA)についての治療方法をまとめたもの。
男性型脱毛症の論文をもとにAGAの治療方法を選定した診療のガイドラインを発表しています。
治療効果についての指標を表していますので、脱毛症の治療方法を何から始めたらいいのかわからない人へもおすすめとなっています。
男性型脱毛症とはAGAとも言われ成人男性によく見られる薄毛の症状の事をいいます。
早い人では20代からはじまり、40代から発症率が高くなります。
主な原因にひとつに考えられている男性ホルモンには筋肉や生殖器の成長を促すといった大事な役割がありますが、同時に男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンは毛根を萎縮させる力があります。
そのため女性よりも頭髪が薄くなりやすいのです。
AGAには遺伝的な要素も原因だと言われています。
今ではAGA遺伝子検査が行われていますので自分がAGAによる脱毛症なのか簡単に調べる事ができます。
病院で調べられるほか、キットを購入する事でも行えますので脱毛症が気になる方は一度調べてみましょう。
AGA治療薬が効果的かどうかの判断もできるため、自分に合った治療方法を選びやすくなります。
男性型脱毛症診療ガイドラインは推奨度が分けられています。
治療を行うよう強く勧められるといったAの段階をはじめB・C1・C2・Dの5つの段階にわけられ、Dについては行わないよう勧められています。
治療方法に迷った時はガイドラインを参考にする事で治療費を押さえることができます。
このガイドラインは研究論文をもとにしているため、論文にないものはなかなかガイドラインが作成されません。
効果がある治療法が他にもあるかもしれないほか、効果も人によっても個人差がありますので自分自身で納得した治療方法を行いましょう。