プロペシアやジェネリックは個人輸入がお得?

個人輸入の治療薬について説明している医師AGA治療薬のプロペシアは、アメリカで前立腺肥大の治療薬として開発されたfinasterideという抗アンドロゲン薬の1mg錠で、飲む育毛剤として知られている内服薬です。
日本では、2005年に1年間の臨床試験を経て承認されており、AGA専用の治療薬として処方されています。
なお、AGAは生え際から頭頂部までの髪の毛が全てなくなる状態まで進行するので、見た目は大きく変貌してしまいますが、基本的には生理的な現象にすぎないので、健康に対して直接的な悪影響が及ぶということはありません。
このために、AGA治療は美容目的と認識されるので、健康保険が適用されない自由診療に該当します。
つまり、プロペシアを購入する際は全額自己負担ということであり、現在の相場は7,000円~8,000円程度です。
このために、1年間では100,000円近い金額がかかるということで、かなりの負担を受けることになります。
そこで、多くの人が利用しているのが、同じ主成分finasterideを配合しているジェネリックと呼ばれているコピー商品です。
商品名としてはフィンペシアなどが有名です。
これらは、インドやフィリピンの製薬メーカーが手掛けており、費用はプロペシアの10分の1未満の金額で提供されています。
なお、フィンペシアは通販で購入するのがおすすめで、海外の製薬メーカーから直接注文するのではなく、個人輸入代行業者を利用すると安く手に入ります。
特に、オオサカ堂やアイドラッグストアーの場合は送料無料でサービスを提供しており、まとめ買いなどの複数のセット販売を行っています。
このために、驚きの金額で入手することが可能であり、コスト面を重視している人には特にオススメできる内容を備えています。