ザガーロとほかAGA治療薬の大きな違い

はてなマークに指をさしている人AGAの治療薬が開発されてから久しくなりますが、現在では従来型のプロペシアの他にも新しい薬が認可されています。
代表的なものではザガーロという名称の薬になり、基本はプロペシア同様に男性型脱毛症に効果的とされています。
一般的に薄毛の状態になった方であっても、いくつものタイプに分類することができ、単に禿げてしまった部分があるだけでは男性型脱毛症かどうかを判断することができません。
必ず医師によって診察を受けた後に該当者は男性型脱毛症用の薬を飲むことが大切です。
ザガーロは元々は前立腺肥大症の治療薬として用いられてきた背景を持っています。
多くの症例によって男性型脱毛症にも効果があることが判明したことになりますが、他のAGA治療薬との違いに関しては効果の面で大きな差が生じています。
男性型脱毛症の治療薬では5α還元酵素を阻害することが大切になりますが、例を挙げるとプロペシアの場合ではII型しか阻害することができませんが、ザガーロの場合ではI型とII型の両方を阻害することに成功しています。
このことから、これまで活用されてきたプロペシアのようなAGA治療薬よりも効果が高いことが覗えます。
見た目に関しても違いが生じており、プロペシアの場合では錠剤タイプになりますが、ザガーロの場合はカプセル状に設定されています。他の違いに関しては服用を中止した後の献血を例に出すことができます。
プロペシアの場合は1ヶ月後に献血可能ですが、ザガーロでは6ヶ月後から可能とされています。
効果が高いとされるザガーロですが、体質によって合わせた治療方法が好ましことになり、医師の診断を受けて適切な方法で薬を処方してもらうことが大切です。
副作用に関しては他の治療薬と大きな違いはないものとされており、服用する量に影響されないとも言われています。